心の教育

画像1

目まぐるしく変化する世の中を生き抜いていくために、不変の本質を見極める人間力を高められる心の教育が本校の特色です。

宗教の授業

週一回の「宗教」の時間は静かに自分と向き合うことを目的としています。聖書を通して人の在り方を学ぶことで、自己の内面を見つめ、しなやかさの中に勁(つよ)さと、愛情に満ちた心を育てます。

チャペルアワー

年に1回、各学年でテーマを持ち、「黙想会」を行います。平常の学校生活から離れて、指導者の話を聞き、エクササイズを行う生徒たちは、祈りの中で自分と出会います。忘れられない時を共有します。

マリア祭

青葉若葉が薫る5月に「マリア祭」がおこなわれます。「海の星」とは、聖母マリアを象徴的に呼んだ名前です。生徒たちは、過酷な時代にご自分を見失わず使命を全うされたマリア様が大好きです。彼女の、目立たず謙虚で愛深く、自立した女性の姿に心惹かれるのでしょう。

海外支援講座

海外で支援活動を行っている団体の体験談を聞きます。世界情勢に関心を持つ と同時に、今自分が行動できることを考え動くことを目的としています。

宗教についての集い

【年3回の集い】
本校修道院でキリスト教信者の生徒交流会を行います。

【週2回の昼食会】
宗教準備室で雑談やキリスト教について話しながら昼食を楽しみます。

画像2

スクールカウンセラーが、心身のケアにあたります。

心の相談室

カウンセラー/背戸公子先生
【日本アドラー心理学認定カウンセラー・家族コンサルタント】

近年、友人、家族とのコミュニケーションの取り方や自己肯定感がなく悩む生徒が増えているように思います。心の相談室では、高校生活を送る上で直面する様々な心の問題について、一緒に解決方法を考えていくための支援を行っております。一人で悩みを抱え込むことがないように、少しでも 明るく、目の前の生徒が本来持って生まれた素敵な部分を探せる支援をしていきたいと考えております。
相談日は、毎月隔週の木曜日14時からですが、相談者の予定に合わせて、柔軟に対応をしております。生徒支援という目的のために保護者から の相談も受け付けております。