看護・医療・栄養系進学

最近の社会情勢の影響かと思いますが、生徒が就職を意識した学部を選ぶ傾向が強まっていると感じます。本校でも毎年多くの生徒が看護・医療・栄養系に進学を希望します。こうした資格を取得できる学部系統は全国的に女子の志望者が多く、進学難易度も高いため、十分な準備をして受験に臨まないと、なかなか合格を手にすることはできません。
そこで本校では国際教養コース理系の生徒を対象に『看護・医療・栄養系プログラム』を始めることにいたしました。これらの分野への進学を希望する生徒に対して、「授業+強化プログラム」でバックアップしていきます。そして受験だけでなく、進学後に必要な基礎知識をしっかりと身に付けさせます。

看護・医療・栄養系の進学を目指す、強化プログラム

週末課題 weekend review

英語、化学、生物、数学を週末に復習、定着させます。

自主学習時間 brush up time

先生方のアドバイスを受けながら問題演習に取り組みます。

長期休暇補講 build up seminar

長期休暇を利用して、弱点の補強をします。

特別講座 extension seminar

医療系大学や専門学校と協力し、体験授業や特別講座を通して将来を考えます。

※そのほかにも、校外模試や医療系模試の利用などを通し、学力の伸長を図ります。