学習環境の充実

勉強するための「環境」づくり

生徒たちが学ぶ意味を知り、学校全体の勉強する雰囲気を高めるために、本年度からPT・PGを始めました。特進コースはもちろん演劇・総合コースの1年生からも「勉強が楽しくなった」「周りが真剣に取り組んでいるので自分も頑張らなくては、という気持ちになった」という声が聞かれます。また、部活動で朝練に励む生徒たちもPTの実施によって授業への切り替えがうまくいくようになったと言います。今までは「勉強の仕方が分からない」という生徒には個別の対応をしてきましたが、本年度からシステム化したことで、集中して学習に取りくむ雰囲気が学校全体に出てきました。QRスペースも質問しやすい環境づくりに一役買っているようです。

具体的な3つの「環境」プログラム

[PT] prep time プレップタイム

始業前10分間で1日が決まる

「勉強する雰囲気」を作るための始業前の10分間です。ドリルで心と頭をウォーミングアップして、授業への集中力を高めます。
テスト前はテスト勉強を行ったり、定期的に小テストも行います。小テストは7割の点数を取らないと 課題が出るので皆真剣に臨みます。も数多くいます。

[PG] prep guide プレップガイド

効率の良い 学習法を指導

新入生対象に行う、学習に特化したオリエンテーション。
部活と の両立や将来の進路を真剣に考えながら、効率の良い授業の受け方や学習の進め方を基礎から学びます。

[QR] quick response space クイックレスポンススペース

すぐに質問できる環境

学習で大切なのは「わからないことをすぐに質問する」ことです。廊下など校内各所にホワイトボードを 設置し、生徒が質問をしたい時にすぐに対応できる環境を作っています。